持ってる靴下は3足全て同じ物。定番化で楽をする

スポンサーリンク

ユニクロの3足990円で買えるスニーカーソックスを愛用しています。色は黒です。
GUで似たような靴下を買ったことがありますが、ユニクロよりへたるのが早かったです。
数も5足セットと多くて持て余していたので、私には3足がちょうど良い。

 

バリエーションがないと、本当に楽なんです

3足持っている靴下は全てが同じ物なので、タンスの中から適当に2枚取れば履けます。右も左も色柄も関係ありません。洗濯して干したり畳んだりする時も、片割れを探す必要がありません。これだけでもうズボラが捗ると思いませんか(笑)。

ワンポイントや柄物の場合、片方を無くしたり穴が空いたりすると、もう片方は泣く泣く捨てることになると思いますが、全てが同じ靴下だとそれをする必要がないです。他の靴下とペアにしてまだまだ履けます。

ですが、実は物を持たない暮らしを目指すようになってから、靴下の紛失はなくなりました。物にあふれていた頃は、よく靴下の片方がなくなっていて、不思議だ不思議だと思っていたのですが・・。今思えば不思議でもなんでもなくて、管理できない物の山に埋もれていただけなんだと思います。

 

靴下が少ないと、洗濯も楽、選ぶのも楽、破けても片方だけ処分すれば済む。

左右の偏りがないので、穴が空きやすい親指のところの擦れも軽減されて、結果長持ちするのではないかと思っています。靴下が少ないと本当に楽です。

 

私服の制服化はハードルが高い。部分的に制服化しよう

全てを制服化、定番化するのは難しいけど、部分的に定番を作ることはさほど難しくないのではないかと思います。私は靴下と下着(パンツとブラトップ)を定番化しています。この3点、気付けば全てユニクロでした。へたってきたら、次も同じ物を買いに行くだけなのでとても楽です。

下着や靴下だけでもこんなに楽なのだから、服の制服化をしたら物凄く楽になるんでしょうね。

私自身、私服を制服化していない理由は、なんと言っても「これ」と思うようなスタイルが見つけれないこと。自分らしくて、着ていて気分があがるような服と出会えていません。定番にしたいと思うような服が見つからないのです。

私服の制服化への憧れは人一倍ありますが、今までのように憧れで物を買いそろえても、きっとまた使わなくなると思うのです。だから今はじっくり焦らず、自分に似合うものを見つけていきたいです。

 

スポンサーリンク