コンタクトを捨ててメガネ生活

スポンサーリンク

使い捨てではないコンタクトを使用していましたが、付け心地が悪くなってきたので捨てました。使用期限は1年のタイプを使っていましたが、最長で一年なので、使い心地が少しでも悪くなってきたら捨てた方がいいですね。

関連記事です。

ミニマリストはメガネかコンタクトか

 

メガネは快適

ようやく暖かくなって、メガネが曇りにくい季節がやってきました。

愛用しているJINSの着せかえメガネです。耳にかける部分が付け替えられます。以前はレオパードばかり使っていましたが、仕事にかけていくことが多いので、今はこの紺色にリボンのワンポイントがついたものを使用しています。

それにしても、メガネって本当に楽ですね。
まず、目が楽です。目が疲れた時に気軽に外して目を休めることができます。
コンタクトだとこうはいかないですよね。

手間を減らして時間の節約に

今まで使い捨てではないコンタクトを使用していたので、外して洗ってという作業が必要でした。洗浄液を切らしたら買いに行かなくてはいけないし、なかなか面倒でした。

作業時間としては大した時間ではなかったのですが、毎日の数分も、1年・・5年・・と長いスパンで考えたら結構な時間になります。その分、他のことに時間を使いたいので、今後使い捨てではないコンタクトを買うことはないかと思います。

これからはワンデーのコンタクトにします。
長年黒目が大きく見えるレンズやカラコンを使用していましたが、今後はクリアレンズ一本にする予定です。このことはまた別の機会にじっくり書こうと思います。

コンタクトが必要な時とストックについて

人によって必要な場面は違うと思いますが、私の場合は動き回る予定のある時に必要になります。主にライブです。暫くは予定がないので、今はメガネだけでよいかと思っています。必要な時がまだ先なので、今はまだコンタクトの買い置きをする予定がないです。

必要になったらすぐ買える環境にあるからそれができるのですが、結局必要な持ち物の量ってライフスタイルや住んでる環境によって大きく変わりますよね。すぐに買えない環境ならある程度のストックは必要になると思います。だから、物には「このくらい」という適正量がないくて、「人それぞれ」としか言いようがないです。

自分にとっての適量を見極めていくことが大切だと思います。

 

スポンサーリンク