【引っ越し】二重家賃を抑えるためのダンドリ

スポンサーリンク

引っ越すと決めたら早く引っ越したくてたまらなくて、賃貸情報ばかり見ています。
だけど今から「ここに住みたい!」という家を見つけてしまって・・いてもたってもいられなくなってしまったら、部屋を押さえて家賃を1か月分くらい二重で払わないといけなくなってしまうので、チラチラと賃貸情報を見つつも、別にそこまで興味があるわけじゃないですし、暇つぶしですし、みたいな気持ちで眺めています(笑)。

幸い、ドンピシャの条件に合う物件は部屋はまだ見つかっていません。
ほっ。。(?)

家賃を二重に支払いたくない!いつから部屋を探すべき?

不動産会社の担当さんに聞いたところ、7月に入居可能な空室情報は、6月の第一週にはほとんど出揃うのだそうです。1ヶ月前に退去予告をし、その翌月末で退去するとしたら確かに納得です。

なので、7月に退去する私は、5月下旬の今の時期から6月上旬にかけてが、最も部屋情報が多く、条件に近い部屋を探すチャンスです。しかし、6月の上旬に部屋を決めてしまうと、7月の退去日までの家賃が丸々1ヶ月、ヘタしたらそれ以上かかってしまいます。それはさすがに避けたい。

かと言ってあまりにもカツカツだと、次の部屋が決まらなければ実家に帰らねばならない(別にそれでもいいような気がするけど、通勤が遠すぎて地獄なのでやっぱり無し)。

で、担当さんと相談した結果、6月の最終末で気になる部屋を一気にあげて、まとめて内見をして、パパッと決めることになりました。本当に二重家賃をギリギリまで抑えるのなら、7月の第一週にそれをやってしまうのが良いのだけど、それだと万が一どの部屋にも決められなかった場合、次の部屋を探す時間がありません。実家に帰還コースのリスクが伴います。

条件なんて殆どなくて、住めればどこでもいいさ~なんていう方は、手続きから逆算してギリギリの2週間前に部屋を決めてしまうのが良いかと思います。本当にギリギリなので、審査に落ちたりなんやかんやのリスクを考えると怖い気もしますが、旅人系ミニマリストなら持ち物も少ないしアリかも知れない。



この時期は退去も入居も動きがゆるやかだそうなので、オーナーさんとの交渉も繁忙期よりはしやすいそうです。場合によってはある程度融通をきかせてもらえるかも。・・もらえなかったら困るので、余裕たっぷりでもなくギリギリでもない6月末に部屋を決める予定です。

まだ5月も少し残っているので、6月の終わり頃ってまだ先のような気がするけど、気付いたらあっという間なんだうな。準備をすすめなくては。

新居に何を求めるか

ミニマルに暮らしたいので、広さには拘りません。
広くなくて良いです。ワンルームがいいです。

必ずほしいもの

  • 職場まで電車1本でいける立地
  • 夜道が暗くない
  • ベランダがある
  • フローリング
  • 洗濯機置き場(室内が良いけどベランダでも可)

上記条件はどれも譲れない感じです。特に夜道。どんなに条件が良くても、薄暗くて人通りが少ない道は怖いから無理。風呂はシャワールームでもいいから、洗濯機は置かせてほしい。持ってなかったら買わないで過ごすという選択肢もあったのだけど、せっかくあるので持っていきたい。

絶対条件じゃないけど、あったら嬉しいもの

  • ガスコンロ(HIでなくガス希望)

料理はガスでやりたい。IHでもいいけど、IHなら上にカセットコンロを置いて調理すると思う。IHのキッチンって平らだから物を置く時も置きやすそう。別になかったらなかったで良い。でも限りなくガスがいい(笑)。

別になくても良いもの

  • バストイレ別
  • 独立洗面台

これは今の部屋に住む時にかなり拘っていた条件なんですが、住んでみて思ったのは本当に必要なかったということ。当時の自分がなぜあれほどまでに独立洗面台に拘っていたのか、本当にワケがわからない。もちろん、あれば便利だけど、なくても困らない。バストイレなんて一緒の方が掃除がしやすくて楽だったんじゃないかと思うくらい。

あったら嬉しいけど多分無理だと思うので諦めかけているもの

  • オートロック
  • 宅配ボックス
  • 温水洗浄便座

次の部屋は今より家賃を下げるつもりでいるので、オートロックや宅配ボックスは難しいかな。宅配ボックスはとても便利だったので、使えなくなるのは少々寂しい。でもその分通勤時間が減るから、早く帰宅して受け取るっていうのもアリですよね。

今度の部屋は9割がたユニットバスになる予定なので、そうなると温水洗浄便座は難しいと思う。まあ、本来なら少しの紙でサッと拭けば済むようなウンチが良いウンチだそうなので、温水洗浄便座が恋しくなったら食生活を見直そうと思う。

スムーズな引っ越しのためにやることリスト

  • 手持ちの家具のサイズを細かく測る(ざっくりじゃなくてしっかり)
  • 不用品の処分
  • 持ち物の棚卸し
  • 今住んでいる部屋の掃除

家具の採寸は大事ですね。内見のとき、ココにあの家具入るかな?と気になったら、すぐにメジャーで測って確認することが出来ます。パソコンデスク以外の家具はどうするか未定なのですが、とりあえず測っておけば間違いないです。

今すぐやることは、持ち物の量を把握し、新居に必要のない物を選別して物を減らす。
そして部屋の掃除。要するに全て身の回りのこと。

特に大事なのが棚卸し。部屋の中には意外と物が眠っていて、片付けているつもりでもなんじゃこりゃ・・な物が出てきてビックリすることもあります。最近はさすがに減りましたが。

そういえば自分が何をいくつ持っているのか、ちゃんと数えて全体数を把握したことはなかったです。良い機会なので確認してみようかと思います。

きっと自分で思う以上に物を持っているんだろうな。

スポンサーリンク