腕時計ひとつで十分。置時計を捨てました

スポンサーリンク

部屋の中にひとつ、洗面所にもうひとつ、と2つの置時計を使っていました。
コードレスマウスの電池が切れた際に、部屋の置時計の電池を拝借し、置時計はそのまま数日放置してたんです。ないよりはあった方が便利ではあったのですが、なくても大丈夫だということに気付いて捨てました。

着替えと同時に腕時計を装着

腕時計をつけるタイミングは、出掛ける前という方が多いでしょうか。
準備中はない方が邪魔にならなくて動きやすかったりしますよね。

私の場合は、着替えと同時に装着します。
クローゼットの隣にある本棚の上に腕時計を置いているので、クローゼット前で着替えて、腕時計をはめる。そして洗面所で身支度を整える、という流れです。

これをやるようになって、洗面所の置時計も不要になったため処分しました。

帰宅後は、着替えと同時に腕時計を外し、元の場所に戻します。
腕時計を外すと体のスイッチがオフになるような気がして、なんだかホッとします。

腕時計はチープカシオ

以前にも紹介しましたが、CASIO MQ-24-7B2LLJFというメンズ用の腕時計を使っています。Amazonの価格は多少変動がありますが、常時1,000円程度です。本当に安い。でもちゃんと時計です。シンプルで合わせやすくて気に入っています。

スマホは誘惑が多い。スマホで時間を見るのをやめて腕時計はじめました

通勤中、ポケットからスマホを出して時間を確認しなくて良くなったのは本当に楽。
単純に物を減らすことだけを考えたら、スマホで時間を確認するのが良いとは思うんですけど、私はしょっちゅう時間を見るので、何度も見る場合は腕時計をしていた方が楽でした。

物を捨てる時は、お試し期間を設ける

今まで持ってて当たり前と思って使ってきた物を捨てるのは、少し勇気がいるし、不安にもなりますよね。そんな時オススメしたいのが、「お試し期間」を作ることです。

やり方はものすごく簡単。
「もしもそれを持っていなかったら」と仮定して暮らしてみるだけです。
(一時的に見えない場所へしまっておく方が良いです)
やっぱりあった方が快適だと思うのなら、いつでも元に戻せます。

今回捨てた置時計も、お試し期間を経てから処分しました。
「あると便利な物」の殆どは、なくても平気なんだなと改めて思いました。

スポンサーリンク