ミニマリスト的バッグ選び 軽くて丈夫なSIWAの障子紙バッグ

スポンサーリンク

バッグを買いました。
以前購入した無印良品のオーガニックコットンバッグも気に入らなかったわけではないのですが、黒い生地にホコリがついて、毎朝コロコロで取るのが地味に面倒くさかった。出掛ける前にコロコロをかけることすら面倒くさくなっている自分に驚きつつも、嫌だなー面倒くさいなーって思いながら続けるくらいならやめてしまおうと思って、気になっていたバッグを購入しました。

無印良品のバッグについては↓こちらに詳しく書いてます。

ミニマリストのバッグ選び

軽くて丈夫なSIWAのトートバッグ

SIWAというお店で、RPFナオロンという紙で出来たトートバッグを買いました。

  • サイズ:S
  • 色:ダークグレー
  • 価格:¥5,500(税別)
  • 重さ:135g

RPFナオロンとはこんな素材です。

RPF ナオロン(リサイクルペットファイバーナオロン)は使用済みのペットボトルや使用済みの繊維製品から再生されたポリエステルリサイクル繊維を使って和紙漉 きの製法で作った紙です。紙独特の風合いもありながら破れにくく耐水性にも優れています。燃やしても有毒ガスは発生しません。

SIWA公式サイトのMaterialより引用

紙なのでとにかく軽いです。これ以上ないくらい軽いです。
135gがどのくらいの軽さなのかというと・・iPhone6Sよりも軽いです。
それでいて、きちんと自立してくれて型崩れしないので、物の出し入れがしやすい。

軽いバッグはナイロン製の柔らかいバッグが多いですよね・・?サブバッグにするなら柔らかい方が何かと便利ですが、普段使いのバッグとしては形がしっかりしてる方が使いやすいというのが個人的な意見です。

これまで使っていた無印良品のバッグは、ホコリが付く以外はあまり気になることなかったつもりでしたが、カッチリ自立するSIWAのトートバッグを使うようになってから、自立型のバッグの方が便利だなと思いました。

SIWAのバッグの良いところと気になるところ

良いところ

  • 軽い
  • 丈夫
  • 重たい物を入れてもOK(公式情報では10kgの重さにも耐えるとのこと)
  • 水に濡れても破れない
  • 型崩れしない

軽くて自立できるところがとても気に入っています。

気になるところ

  • 紙特有のゴワゴワ感
  • 使い込むほどに毛羽立ってくる
  • 汚れや油シミがついたら取れなさそう

分厚い紙袋をがさごそした時の音、わかりますでしょうか。ゴワゴワっとした音が鳴るので、それが気になる人は向いていないかもしれないです。

使い始めてちょうど2週間ですが、持ち手のところは既に細かい毛羽立ちが出ています。滅多なことでは破けないくらい丈夫なものですが、この毛羽立ちは使い込むほど目立ってくるだろうなと思います。味として受け入れられる程度のものだと良いのですが、こればっかりはもう少し使ってみないとわからないですね。今のところそこまで気にはならないです。

油シミって、紙についてしまうと取れないですよね。水濡れOKなのでもしかしたらどうにか落とす方法があるのかもしれませんが、油シミがついたら嫌なので外食時に汚してしまわないように少しだけ気をつけてます。

 

と、微妙に気になる点はあるものの、めちゃくちゃ気に入っております。

ちなみにこちら、リバーシブルだそうです。ひっくり返しても、見た目の違いはそこまでないので私はそのまま使っていますが、内ポケットにしたい人はひっくり返して使うことになるかと。ゴワゴワな紙をどうやってひっくり返すのかとショップ店員さんへ聞いたところ、「気にせず、思いっきりひっくり返して大丈夫です」とのことでした。ちょっと楽しそうですw

他にもいろいろあります

SIWAの製品はバッグ以外にもたくさんあります。どれもシンプルでかわいい。気になったのはコインケース。今お財布は持っているし必要ないので買いませんでしたが、ちょうど良いサイズでカラーも豊富でとてもかわいいです。軽くて丈夫なコインケースをお探しの方は是非。

初めての方は店舗で買うのがオススメ

私は、SIWA Collection 銀座店で買いました。
SIWAの公式サイトを見て、なんだか良さそうだなーとは思いましたが、今まで触ったこともない素材のバッグなので、失敗しないためにも店舗で買うことにしました。

はじめはトートバッグではなく、ファスナー付きのブリーフケースを買おうと思っていたんです。四角い形がかわいいし、色も好きな赤があるし、ファスナーが閉まる方が安心かと思って。

でも、ブリーフケースはマチがあまり広くないんですよ・・。いつもお弁当箱代わりに使っているジップロックだとマチが足りなくて、バッグがいびつに歪んでしまうんです。残念ながら購入は見送りました。

で、今回買ったトートバッグが私の荷物の量にピッタリだったんです。トートバッグだと赤はなくて、ちょっと地味めなカラー展開。シワの風合いと服との合わせやすさから、グレーを選びました。黒だと着ている当日、店舗に在庫がなくて取り寄せをお願いしたところ、1週間弱で入荷しました。

店舗で買う利点は、現物が見られることと、もう一つありまして。
使用して数年経過した状態の製品が見られること、です。

他の店舗も同じかはわからないのですが、SIWA Collection 銀座店には4年ほど経過したというクッションケースが置いてありました。新品のようなゴワゴワ感はほぼなく、柔らかくシワシワでした。障子紙のエイジングってなかなか見られないと思うので、これを見て納得してから買うかどうかでその後の満足感も違ってくるかなと思います。

店舗情報はこちらで確認できます。
気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

SIWA | 紙和
http://siwa.jp/

近くに店舗がない場合、和紙の店 めでたやで通販も可能です。

スポンサーリンク