【習慣を断捨離】お酒をやめてみた

スポンサーリンク

夏の終わり頃から飲むのをやめて、気付いたら半年以上飲んでいませんでした。
お酒を飲むようになってから、これほどまでに長い間、お酒を絶ったことはありませんでした。

自分にとっての当たり前の習慣をやめてみる

疲れた日はお酒が飲みたくなり、翌日が休みの日は、だらだらと飲み食いして時にはそのまま寝落ちしたり、我ながらひどい暮らしっぷりでした。家でゴロゴロとお酒を飲むのが好きだと思っていましたが、それで本当に満たされていたのかと訊かれたら、イエスとは答えられない自分がいます。

お酒をやめたきっかけらしいものは何もなく、ただただ、なんとなく、という感じです。
ある時ふと「別に飲まなくても良いかもしれない」と思い、それ以来飲んでいません。

これまでに飲んでいたものは、主にビールやチュウハイで、単純に炭酸が飲みたかっただけのような気もします。その証拠に、ちょっと飲みたいかもという気分のときにウィルキンソン炭酸水を飲むと満たされます。蛇口から出てきたら良いのにと思うくらい大好きです笑。

 


アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

お酒をやめてよかったこと

  • 空き缶を捨てる手間が減った
  • 寝起きに顔がむくみにくくなった
  • 飲んだ翌日の体のだるさを味わうことがなくなった
  • お金が浮いた

などなど、いろいろあるのですが、私の中では「飲みたい飲みたい」という気持ちがなくなって、気持ちが楽になったことが一番の良かったことです。飲みたい時って飲むまで気がすまなかったので。飲みたいけど飲めないとか、そういう我慢もしなくて良くなりました。

お酒をやめる時のコツ

やめるんじゃなくて、ちょっと飲まない日を増やすのです。

飲んじゃダメだ飲んじゃダメだ(シンジくん風)って思うと、気持ちがお酒に向いてしまうので、常に我慢をすることになります。我慢して飲みたい気持ちのピークを乗り切れる人はそれで良いのですが、私のような忍耐力ゼロの場合はこれがつらくてたまらない。

そこで、『ちょっとやめてみるだけ』『本当に飲みたかったら、別に飲んでも良い』と決めるんです。気持ちひとつで、とても楽になります。現に私は、よーし、もう二度とお酒は飲まないぞ!!と決めたわけではないですが、半年以上お酒を絶つことができました。

飲みたくなったら飲んでも良いと今でも思っているので、本当に飲みたいと思ったらまた飲むと思います。以前のように習慣的にだらだら飲むのではなく、お酒とその場の空気をしっかり味わいながら飲みたいと思っています。

 

そういえば、昨年暮れに受けた健康診断で、肝臓がC判定でした。基準値よりもやや高い、そのくらいのレベルではあったのですが、健康診断なんてオールAしか取ったことがなかったので、「BじゃなくてCかいな!と」なかなかショックでした。もともと、たくさん飲めるタイプではないので、本当に人並み程度にしか飲んでいないのですが、なんなんでしょうかね。この時点で既に数ヶ月お酒をやめていたのですが、ますます飲みたい気持ちが沸かなくなりました。

モノならいくらでも買い替えができるけど、自分の体だけは気軽に替えられないので、健康には気をつけたいところです。

スポンサーリンク