メイクブラシの断捨離とお手入れ

スポンサーリンク

重い腰をあげて、コスメの断捨離をはじめました。

同じアイテムは一ヵ所に集めて選別する

まずはメイクブラシ。

上の写真の中で、いつも使っているのはたったの2本でした!(笑)

 

あとは、たまに使用するブラシと、全く使用しないブラシです。

 

一番左のピンクのブラシは、20本以上の色々なブラシがセットになっているものでした。

使わないものから少しずつ断捨離して、残ったのは一番大きなフェイスブラシのみ。

本数の割りに価格は安かったのですが、使わないブラシがたくさんあっても無意味。

まさに安物買いの銭失いでした。反省。

 

ひとまず、

毎日使うブラシと、たまに使うブラシのみ残し、

残りは処分しました。

 

 

使っていない物には『使わない理由』がある

いつも使っている2本のブラシは、アイシャドウブラシと、チークブラシ。

どちらもサイズや毛質がちょうど良く使いやすい。

 

一方、使っていなかったブラシは、

毛質が硬い、チクチクする、粉なじみが良くない等、

手に取らない理由がありました。

 

使わない理由があるのに、

あまり使ってないし、もったいないから・・・と取っておいても、

残念ながら再び使う日は来ないんですよね。

 

使わない物を買っては捨てるこのサイクル、

そろそろ本当にやめたい。

 

 

面倒くさがりさんにも出来る、メイクブラシの洗い方

今回洗ったのは左の2本。

右の4本は残したブラシ。

 

洗い方はいろいろありますが、

今回はダイソーのパフ・スポンジ専用洗剤を使いました。

 

カップにぬるま湯を入れ、洗剤を溶き、

ブラシを入れて、カップの中でくるくると回します。

ポイントは、カップにブラシを押し付けたり、

力をくわえてゴシゴシしないこと。

 

洗い終えたら、カップのぬるま湯を入れ替え、

お湯が汚れなくなるまで、何度かお湯を交換して、くるくるとすすぎます。

 

水気を絞ったら、形を整えながらティッシュでしっかり水気を取ります。

タオルよりティッシュの方が、毛先を整えやすいのでオススメです。

 

ブラシのサイズにもよりますが、完全に乾くまで1~2日程度かかります。

乾かす際、ブラシを立ててしまうと、

根元に水分がたまり、生乾きの原因になります。

タオルの上に寝かせるか、逆さまに吊るして乾かします。

 

 

今回、残したブラシの殆どが100円ショップのものでした。

ダイソーの春姫というブラシが、安いのに肌触りが柔らかくて優秀です。

キャンドゥにある、ピンクの柄のアイシャドウブラシもお気に入り。

どこでも売っていて、気軽に買い換えられる値段がありがたい。

 


 

 

それにしても、私の部屋にはまだまだガラクタがいっぱいです。

 

ガラクタ捨てて身軽になりたい。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク