部屋を借りるって超めんどうくさい!最初から最後までトラブル続きだった話

スポンサーリンク

お久しぶりです。退去して実家に戻ってから随分と経ってしまいました。
思えば入居から退去までトラブルが多くて疲れました。

その前の部屋は何も問題なく、関わった方みんな良い人ばかりでしたが、今回は最初から最後までスムーズに行かないことが多すぎて、二度と部屋を借りたくないと思ってしまうほど。(と言いつつ、そのうちまた引っ越しをするとは思いますが)

何かの参考に・・なれば嬉しいけど、ならないかもしれない、ほぼ愚痴みたいな記録です。

おもち。
愚痴ってすみません。かわいい雪だるま置いておきます。

仲介業者の対応が適当でいい加減すぎる

初期費用をクレジットカード決済できると聞いていたのに、できなかった

契約時はクレジットカード決済が可能と聞いていたのですが、いざ契約するときになって「管理会社から現金でないとダメだと言われてしまった」と現金払いになりました。それなら最初にその可能性があることを伝えてほしかったです。クレジットカード決済ができないなら、契約は別の仲介業者の方が良かったので。

今更ほかで探すのも面倒だったので、仲介手数料だけクレジットカードで払い、他の費用は現金で払いました。

おもち。
教訓:全物件、必ずクレジットカード払いに対応しているのか確認しよう。

とにかく連絡が遅い、説明不足

契約にあたり、支払いや今後の手続きはどうなるのかを、こちらから問い合わせて初めて連絡してくるいい加減さに、不信感しかありませんでした。その前の部屋を借りた時の担当さんは、とにかくマメに連絡をくれる人だったので、その差にはビックリです。

連絡がないことをこちらが指摘すると、「経理の者が連絡していなかったようで〜」と言われました。管理会社内の誰が何をやるとかそんな話は知らないけど、こちらは経理の人から連絡が来るとか、その後のことは何一つ聞いていませんでした。言い訳するにしても、人のせいにするのかと心底ガッカリした記憶。

おもち。
教訓:申し込み時、今後の流れについて細かく確認しておこう。

そういえば、あると聞いていた自転車置き場も、入居後にないことが判明したのでした。

【賃貸トラブル】駐輪場はありません・・?

2016.12.06

契約当日、指定された場所に管理会社がなかった

一番ひどかったのが、契約のため仲介業者から指示された場所に行くと管理会社がなかったこと。住所はあってるのに、会社がない。ビルの入り口を見ると、移転しましたの貼り紙。管理会社は駅から少し離れたビルにありまして、真夏の炎天下の中、汗だくになりながら歩いた結果がこれです。これはもう怒っていいよね。

管理会社に電話をしたら、契約より以前に移転しており、仲介業者の担当者にも新しい住所は伝えてあるとのこと。

これまでのいい加減な対応も含め頭にきたので仲介業者に電話すると「すみません、確認します」と。確認も何も移転してるのは事実なのだから何を確認するのか、契約時の連絡から何もかもがいい加減すぎるのではないか、もう連絡してくれなくて良い、と言ったらそれ以来本当になんの連絡もありませんでした。相手はこちらのメールアドレスも知っているけど、お詫びのメールすらなかったな。確かに連絡するなとは言ったけど、素直すぎか。家賃一ヶ月分の仲介手数料を取っておいてこの雑な仕事っぷり。二度と関わりたくないです。

おもち。
教訓:信用ならないと思う仲介業者とは関わらないこと。

今回は早く部屋を借りたくて、他に行くという考えに至りませんでした。余裕があればこの仲介業者での契約はやめていたと思うので、余裕を持って部屋探しをするのは大事だと反省しています。

そういえば仲介業者からもらった管理会社の住所と電話番号が載っている紙に、電話番号が斜線で消されて手書きで直してあったんです。電話番号だけ変わったのかと思いましたが、移転していたから電話番号が変わっていたんですね。次回こんな書類を見ることがあったら、住所を確認することにします。

入居後 オーナー変更で管理会社が変わる

入居して暫く経ったころ、オーナー変更の通知が届きました。それに伴い管理会社が変わるという内容でした。

書面を見ると宛名の私の名前が少し間違っていた。名前を間違われるのはよくあることなので気にせず読み進めましたが、本文の名前が完全に別人。いや、これ誰やねん。大事な書類でこれはダメでしょと思ったのですぐに新しい管理会社へ電話。そして、折り返しの連絡でまた名前を間違われました。\(^o^)/

契約書の名前が間違ってているけど、間違いなく手続きはされているとの話で、再送も大変そうなので今回はそれで良しとしました。

「家賃が振り込まれていない」と前の管理会社から連絡がきた

今回のやりとりに対し、前の管理会社には何も連絡はしていないので、若干嫌な予感がしていました。現在の管理会社からは前管理会社へ通知書類を送っているとのことだったので、多少の心配はあるけど大丈夫だろうと思うことにしたんですが、失敗でしたね。

案の定、「家賃の入金が確認できません」と電話がありました。

オーナー、管理会社の変更にに伴い、新しい管理会社へ入金をしている旨をと伝えたところ、「それならいいけど、振込前に確認はした方がいいですよ?」と言われました。「家賃未払いの連絡が来るということは、オーナー、管理会社の変更の件は、そちらはご存知ないのでしょうか?」と聞くと、思い出したように「通知は来てます」と。

入金前に確認をした方が良いというアドバイスは確かにその通りだとは思うのですが、通知が届いているのによく確認せずに連絡をしてきた管理会社さんに言われるのは・・なんとも腑に落ちません。新しい管理会社にこの件を伝えたところ、『その管理会社はそういったミスがとても多いんです』と言っていたので、いつもそういう感じなんだろうと思いました。

おもち。
教訓:オーナー、管理会社の変更の通知が届いた場合は、双方の管理会社へ確認しよう。

退去後のごたごた

退去手続きの際、何度も名前を間違われたり、手続きに関する連絡が遅かったり、こちらから聞かないと連絡してこなかったりでグダグダ。ああ、またなのか・・と思いつつも退去までの辛抱だと思って我慢しました。

退去後、家賃を二重請求された話

10月退去ですが、家賃は前払いなので、10月分の家賃は9月に入金をしています。
10月分の家賃と敷金から、日割り分の家賃とクリーニング代とを引いた金額が返金される予定でした。

退去立会い時、業者の方から部屋がキレイなので最低限必要なクリーニング代(部屋とエアコン)のみで問題ないと言われました。住んでいたのが1年ちょっとなので、キレイで当たり前だと思うんですが、結構汚される方も多いとの話でした。

その後、暫く経っても管理会社からの連絡がこないので、今後どのようなスケジュールで差額の返金がされるか問い合わせたところ、『書面の金額を10月末までに入金してください』との返信がありました。私の計算では、戻って来るお金はあれど、さらに支払うものなんて1円もないはずなんです。全くもって意味がわからないのですぐに問い合わせたところ「10月分の家賃の入金が確認できていませんので、それを含めて計算しています」と。

いやいやいやいや、ちゃんと払ってますし、ネットバンクで自動振込設定してるし、完了メールも来てましたし、何を言っているのかと目が点になりました。そもそも9月に払うべき分の家賃が入金されていないのに、期日を過ぎてもなんの連絡もしないものなのかと聞くと、「弊社はたくさんの物件を管理してますので、入金が確認できないからといってすぐに連絡するわけではない」とのこと。なるほど。知らんがな。

こちらは間違いなく支払いをしているので、再度調べてもらったところ、入金は確認できており、管理会社のミスだということがすぐにわかりました。これ、何も言わずに払っていたらどうなっていたんだろう?調べたらすぐにわかるようなものを見落として二重請求するなんて、どんな管理状況だろう、と疑問と不安しか残りませんでした。

まとめ

仲介業者はまともな対応ひとつもないし、前の管理会社も次の管理会社も、管理とはなんぞやというツッコミを入れたくなるくらい管理が雑です。ミスや間違いはどこでも起こりうるとは思いますが、大事な契約やお金の管理がこんなにもいい加減で大丈夫なんでしょうか。色々と不安になる出来事ばかりでした。

こんなやり取りにかける電話代も時間も無駄でもったいないので、もう本当にウンザリ。記録のために書き残しておこうと思いつつ、いざ書き始めると思い出して嫌な気持ちになるので、なかなかスムーズに書けませんでした。

きっと今回はたまたまなんだと思いますが、こういった例もあるということで、何かの参考になれば幸いです。振り返ってみて、あの時もっとちゃんと確認しておけば・・と思うところもあるので、次回に活かしたいと思います。あとは、上の方にも書きましたが、余裕を持って部屋探しをして、おかしいと思ったら思い切って他に行くくらいの余裕があった方がいいですね。不安を捨てるためには多少の余裕が必要なんだと、今回は本当に勉強になりました。

ぐちぐちと書いてしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回からは楽しく更新したいと思います!

おもち。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク