【私服の制服化】ワンピース3着で暮らしてみた

スポンサーリンク

こんにちは、おもちです。

いつか『お気に入りのワンピース数着で過ごしてみたい』と思いながら数年。お気に入りを一気に揃えることはできませんでしたが、昨年から始めた服作りのおかげで少しずつワンピース生活に移行しています。

ワンピース3着のうちわけ

洗いざらしのシワシワですみません(; ・`ω・´)

3着のうち2着は手作りです。こうして並べるとなんだか似てる気がするけど、色柄だけでなく、生地の質感や形が結構違います。でもたぶん、他人から見たら全部同じ服です笑。

左から詳しく紹介します。

佐藤かなさんのシンプルワンピース

左のワンピースは、KANA’S STANDARDの『シンプルワンピース』の型紙で作りました。

夏に作ったので生地は薄め。この生地はシワになりやすいのが難点なので、次回の生地選びでは気をつけたいところ。

身幅がゆったりしてるので好みが分かれる形です。かなりだぶだぶっとしたデザインなので、詰めて作る方も多いみたいです。私はこのゆるい感じが好きなので詰めずに作りました。

でも実は、袖の縫い代を4cmで取るところを間違えて1cmにしてしまい、うっかり袖が短くなってしまいました。でも腕の短い私にはちょうど良かったです笑。

生地を変えてまた作りたいと思うお気に入りの1着です。


KANA’S STANDARD スタイリスト佐藤かなの簡単に作れて、とことん使える [ 佐藤かな ]

fabric birdの七歩袖ワンピース

真ん中のワンピースは、楽天のfabric birdというショップで買った七分袖ワンピースの型紙で作りました。レビューにも書かれていたのですが、これは洋裁初心者には難しかったです。いつも使ってるパターンは、初心者向けの親切丁寧なものばかりだったので、より難しく感じました。

スリットの縫い方が載ってない、細かい指示が型紙にしか書かれていないなど、裁断後も型紙を広げて確認することが数回ありました。とはいえ、できあがりはかわいいので、服作りに慣れている方にはオススメです。

厚めの生地で作ってしまい、首周りのバイヤス処理やボタンループを縫うのが大変だったので、薄手〜普通の生地の方が良さそうです。

七分袖ワンピース 型紙

チェックのワンピース

右のワンピースは、なんでもないお店で買った、どこのブランドでもない、ごく普通のワンピースです。。着丈、着心地も気に入っています。柄と生地の質感が秋冬向けなので、夏は着られないかなという感じです。夏までにもりもり着倒す予定。

ワンピース以外の服

この冬はワンピース3着の他に、

  • カーディガン 2着
  • コート 1着

を着まわしていました。

最近は暖かくなってきたので、カーディガンを着ない日も増えてきました。もう少し暖かくなったらコートを処分して、カーディガンを羽織る予定です。

インナーには、ユニクロのヒートテックと、しまむらの裏起毛タイツを愛用していました。

中でもこの裏起毛タイツは本当に暖かくて防寒もバッチリでした。冬に、一足だけ持っていた80デニールの普通のタイツを履いたら、体感温度が全く違ってビックリしました。シンプルなワンピースでこの冬を過ごせたのは、間違いなく裏起毛タイツのおかげだと思います。なので、次の冬も同じモノを買うつもりです。寒がりの人には超オススメです。

ワンピース選びの条件

  • 丈は膝下
  • 体にフィットしないゆったりシルエット
  • サイドにポケットがあればなおよし

年齢的に膝の出る丈は無理がある気がして避けてます。年を取ったら短いのを履いてはいけないなんて意味では全くなくて、似合ってる人もたくさんいらっしゃるとは思うのですが、自分が着ると『なんか違う』気がして落ち着かないです。理由はよくわからないけどなんか違う、しっくりこない、こういう感覚は大事にしたいと思ってます。

サイドポケットは、ない方がすぐに作れて楽なのですが、ハンカチなどのちょっとしたものを入れるのにあると便利なので、なるべく付けるようにしてます。とか言いつつ、やっぱり面倒くさい!って次はあっさり省くかもしれませんが笑。

結論:3着でも足りる

ワンピース3着って少ないけど、足りないと思ったことはありませんでした。1週間毎日違うワンピースを着たとしても、7着あれば足りますよね。上も下もこれひとつ、ワンピースってやっぱりすんごい楽!ズボラ的にはこれ以上の服はないのでは、と思います。

毎日違う服を着なくちゃと思って服を増やすことはありませんが、好きな服や、好きな生地に出会ったときは、ためらわずに増やす予定です。

おもち。
3着でも足りたよ、という報告でした。
スポンサーリンク