ロングヘアをやめて断捨離

スポンサーリンク

胸くらいまであった髪の毛をバッサリ切ってきました。

20cmほど切り、ショートボブになりました。

 

 

私の髪は、パーマとヘアカラーを繰り返し、

ブリーチでインナーカラーやグラデーションカラーもやって、

挙句の果てに、縮毛矯正までかけていたので、

トリートメントをしても纏まらずにパサパサでした。

 

ロングヘアにしていた理由は、束ねてしまえばなんとかなるという楽さから。

短いと寝癖も気になるし、こまめにメンテナンスが必要なので、

長い方が何かと楽でした。

 

でも近頃は、上記の通り痛めつけた髪の毛が、

どうにもこうにも纏まらなくなってしまいました。

数日前、絡みに絡んでどうにもならなくなった数本の毛束をカットした際、

「こんな毛、もういらないー!!!」と切ることを決意。

 

結果、切って大正解でした。

 

 

ヘアスタイルよりも、大切なのは清潔感

バッサリと切ってみて確信しました。

清潔感に勝るヘアスタイルなし。

 

清潔感はどこに出るのか。

見ているポイントは人それぞれ多少違うとは思いますが、

個人的に目に付くポイントは、服装、口元、髪、です。

中でも髪が与える印象はかなり大きい。

 

傷んでパサパサの髪の毛でいるくらいなら、

いっそ切ってしまった方がスッキリします。

 

私は本当にスッキリしました。

むしろ、なぜ今まで伸ばしていたのかわからなくなるほど(笑)。

伸ばしながら、少しずつカットしてどうにかする予定ではあったのですが、

毛先15cmくらいはブリーチ毛だったので、ちょこっと切ったところで

どうにもならないくらい傷んでたんですよね。

どんなにオシャレをしても、清潔感がなかったら台無しです。

 

センス良くオシャレをするのは難しいけれども、

清潔感のあるファッションを心がけることは、

今すぐにでも出来ますよね。

 

 

使わなくなったヘアアクセサリーを処分

バレッタやヘアピンは、髪が短くても使えますが、

この写真の中にあるヘアクリップやゴム等は使い道がないので処分することに。

右の緑の丸いのはマトメージュです。こちらはほぼ使い切り処分。

キャップをあけて、直接髪に撫で付けるだけなので、

手が汚れなくてとても便利でした。

でももう、まとめる髪がないので当分使いません(笑)。

 

明日から、朝の準備がどれだけ短縮されるのか楽しみです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク