コスメ収納のビフォーアフター写真(めちゃくちゃ捨てた)

スポンサーリンク

まずはビフォー。

以前にも、こちらの記事でアップした写真と同じ物です。

ミニマリストには程遠いコスメ収納を公開
えーっと、始めにお伝えしておきたいのですが、 私はミニマリスト的な身軽な暮らしに憧れている 普通の部屋の住人でございまして...

 

ごちゃごちゃしてますね。

 

↓そしてアフター。

 

ミニマルではないけれども、かなり捨てました。

下の2段がスカスカです。

窮屈でない収納は気持ちがいい。

 

 

化粧品集めて選別した結果

ビフォー

 

↓アフター

 

使用期限が切れている物

明らかに使用していない物

嫌いじゃないけど似合わない物

の順番で捨てました。

 

マニキュアは透明と薄い色の2本のみ残して処分。

右側に一緒に写っているのは、マニキュアではなくジェルネイル。

ジェルネイルのみにして、マニキュアは全部処分しようかなと思ったんですが、

塗ったり落としたりのしやすさを考えると、2本は残しておきたかった。

 

目にコンプレックスがあるため、二重関係のアイテムもたくさんあった。

ろくに使ってなかったから、まとめて捨てた。

パッチリおめめは来世で頑張る。

 

リップは好きなので、他のアイテムよりも多めに残してます。

でも半分以上は捨てました。

いくらタラコ唇でも、到底使い切れない量だったので。

 

 

使わないとわかっている化粧品をなかなか処分できずにいた理由

私はストレスが溜まると、『食べる』か『散財する』かの二択だった。

ドラッグストアやバラエティショップで、化粧品を見ていると、

嫌な気分が少しは和らぐような気がした。

次から次に買っても使い切れないのに、ついつい買ってしまっていた。

 

その瞬間は良い気分にはなるけれど、良い気分は少しの間だけで、

あとは『またこんなにお金を使ってしまった。私は何をやってるんだろう』

と空しい気持ちになるだけでした。

 

ダメな自分を振り返らなくてはいけないから、

今まで買った化粧品の一つ一つを、ちゃんと見るのは嫌でした。

使ってない物ばかりだけど、買った時期や

当時どんな気分だったかは覚えているから、嫌でも思い出してしまう。

 

『部屋は心を映す鏡』と言いますが、

部屋の中にはこれまでの自分自身が、ギュッと凝縮されているんですよね。

だから片付けはエネルギーを使う。

 

あんな自分やこんな自分を見なくてはいけないから、本当にドッと疲れる。

現に今、とても疲れています(笑)。

 

だけど、そのまま放置していても、ある日突然

なくなってくれるものではないし、いつかは向き合わないといけない。

だったら早い方がいいですよね。

 

と言いながらも、二の足を踏んでしまう人の気持ちはとてもよくわかる。

毎日1個ずつ片付ける、でも全然OKだと思います。

片付け続ければ、いつか必ず終わります。

この世に、片付かない部屋はないですから!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
スポンサーリンク