最近心がけている『物を使い切るコツ』

スポンサーリンク

昼間はクリスマスだったはずの百貨店、夜になると立派な門松が置かれていました。

毎年のことながら、世の中のこの時期の切り替えの速さには感心してしまう。

 

クリスマスもお正月も年々『ただの日』になりつつある私ですが、

年末が近づくほどに『掃除をしなくては!いらない物を捨てなくては!』と

なぜか焦り始めます。

 

長年染み付いた『年末は掃除をするもの』という習慣のせいですね。

 

 

『物は使う場所に置く』たったこれだけで使い切れる

部屋の片付けをしていて『そうだった、こんなの持ってたわ。使おう』と思っても、

置く場所を間違えるとまた死蔵品になってしまいます。

 

使い切るために心がけていることは一つ。

『使う場所に置く』 これだけ。

 

最大のポイントは、見える場所に出しておくこと。

使う場所の近くの収納に入れるのもダメです。

今まで見えない場所に入れられて、使われずに忘れられていた物です。

しまい込んだらまた忘れてしまいます。

 

 

『見せない収納』は上級者向け

見せない収納を『物が多い人』や『ズボラな人』がやると高確率で失敗します。

持っていることを忘れて使わなくなったり、出し入れが面倒で片付けなくなったりします。

(ソースはズボラ人間のこの私)

 

『見せない収納』をしている方で、引き出しに物がパンパン、

クローゼットや戸棚もギュウギュウ、そんなおうちを見たことがありません。

大抵の方は中身にゆとりがあって、開ければ何が入っているのか

見渡せる収納をされていませんか?

 

普段見せないけれども、物の量を把握して、死蔵品を作らず使い切る。

これはきちんと整理整頓ができる上級者向けなのです。

私のようなズボラには敷居が高い。何度もやってみたけど、結局散らかる(笑)。

 

片付けられない人の多くは、持っている物の量を正しく把握できていません。

だから同じようなアイテムをいくつも買ってしまう傾向があります。

 

見える場所に使うべき物を置いておくと、

『今自分はこれを持っている。使い切るまで新しい物はいらない。必要ない』

ということを日々意識できるようになりますし、目に付くので毎日使う気にもなります。

 

今もパソコンのキーボードの上にリップクリームが置いてあります。

無い方が見た目は良いのですが、棚にしまうと使用頻度が減るのがわかっているので、

嫌でも目に付く使いやすい場所においています。嫌でも使います(笑)。

 

もしも使うことにストレスを感じるのであれば、そもそも自分にとって必要のないもの

と判断して良いと思います。そしたら手放すのもアリなのではないかと。

 

 

マッサージオイルはバスルームで塗りたくる

湿度が高くなりがちなので、あまり良くないんですけど・・

使わないでいるよりは良いかなと思って、マッサージオイルをバスルームに置いてみました。

すると、毎日ちゃんと使うようになり順調に減り始めました。

 

この時期、お風呂上りは体が冷えて寒いですよね?

寒いのが苦手な私は、着替える前に前にボディケアをする余裕がないです。

中で済ませてしまってから外に出る、というズボラスタイルがとても合ってる。

 

体が濡れたままオイルを塗ると、乾いた肌に塗るよりも伸びが良く塗りやすいです。

オイルが余ってる人、同じく寒くてボディケアなんてしてられない!

という寒がりさんがいましたらぜひお試しください(笑)。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

 

スポンサーリンク