もう何度目かわからないくらいの【捨てたい病】が再発

スポンサーリンク

成田空港からこんにちは。

真夜中の第3ターミナルは、思いの外快適です。

 

スッピン、マスク、眼鏡、おさげ、というひどい格好でブログを書いてます。

 

移動中に仮眠を取る際、髪を一つに束ねているとゴムの部分が痛くて寝にくいんですよ。

それに比べておさげは快適。

こなれたルーズ感のある三つ編みなんてできません。昭和感満載。

 

 

物を捨てたい病

家を出る寸前まで、部屋の片付けをしていました。

ここ1週間ほど、片付けたい欲が止まらず、物をバンバン処分しました。

 

本やCDは宅配の買い取りを依頼し、

古くて使っていなかったPCは無料回収に出しました。

不燃ゴミも可燃ゴミも、十数袋ほど捨てました。

 

4月に今の家に引っ越してきて、

引っ越し前に不用品はごっそり捨てたはずなのに、

こんなにも捨てるものがあったなんて。

 

それでもまだ片付け終わっていないんだから、

私は一体なにと暮らしていたのだろうか。

 

 

これから旅行に行くけれども、

気持ちは「早く帰って片付けたい」です。

 

旅行先のホテルは、余計なものが何もなくて、

清潔感があって落ち着きますよね。

そんな空間にトランクやリュックひとつで数日暮らせるのだから、

普段の生活の中で、本当に必要なものって本当に少ない。

 

 

今回の荷物のパッキング、「結構いい感じにできたんじゃないの〜?

リュックサック一つでいい感じ!」と思ったけど、

いざ背負ってみたら思った以上に重たくて「こんなの背負って歩くの嫌だ・・」

ってなりました。

 

クローゼットからキャリーケースを引っ張り出してきた時の切なさたるや。

 

 

ミニマリストへの道はまだまだ。

 

スポンサーリンク