【食器の数】ズボラこそ物を減らそう

スポンサーリンク

一人暮らしです。料理はしますが凝ったものは作らないです。

一人暮らしの人の家にお邪魔する機会がないので、これが多いのか少ないのかはわからないのですが、もう少し減らしても良いかもしれないと思っているこの頃です。

以前は気に入った食器を2個ずつとか大きさ違いで買ってみたりもしましたが、そもそも食器が揃っていなければいけない理由も無いのでやめました。

 

タンブラーに切り替えたのでマグカップやグラス類はありません。

関連記事です。

マグカップとグラスを断捨離してタンブラー生活

 

自分にとって必要な食器の数

上の写真の中で、明らかに出番が少ないものがあります。平皿です。炒め物やパスタはどんぶりで事足りてしまうし、平皿でないとダメな料理(なんだろ?お好み焼きやパンケーキ?)を作ることもないので滅多に出番がありません。

お茶碗とどんぶりと小さいボウル、この3つを同時に使うことってまずないです。ということは、どれか一つ減らしても問題ないのかも。どんぶり、お椀、お箸、スプーン、この4点でやっていける気もする。でも今使っているお茶碗はアランジアロンゾのうさぎのもので、絵柄がとても気に入っているので、今のところ捨てる予定はありません。真上から撮影したため絵柄が全くわからない写真ですみません・・w

 

平皿はあまり使わないのですが、仕切り付のプレートが気になっています。
仕切りがない方が色んな料理に使えるのかもという気がしてましたが、食事のバランスを見直すという意味では仕切りつきプレートは良い仕事をしてくれそうだなと思うんです。バランス悪いと一目でわかりますよね(笑)。

 

少しずつお気に入りと入れ替えたい

お茶碗とお椀とスプーン以外は100円ショップで買ったものです。引っ越してきた際に間に合わせで買ったものを今も使ってます。特に気に入っているわけでもないので、お気に入りの食器を見つけたら少しずつ入れ替えていきたいと思っています。

とはいえ、食器が売っているような場所へはあまり行かないので、全部がお気に入りになる日はまだまだ先かも知れません。

ちなみにスプーンはココイチのグランドマザーカレーを食べて当たったものです。
今もまたキャンペーンやっているみたいなので運試しにいかがでしょうか(笑)。

 

少ない食器の良いところ

ズボラでも食器を洗わざるを得ないことです。洗わなければお茶碗がない、お皿もない。洗わなければごはんが食べられないのです。洗わざるを得ません。

私はとにかくズボラなので、たくさんの物があると管理ができないのはもちろんのこと、日々の家事もとことんサボろうとします。膨大な量のパンツがあったら、全てのパンツを履ききるまで洗濯はしないかもしれません。そのくらいズボラなのです。なんかすみません・・w

必要最低限の食器しか持っていない場合、洗わないと次使うときに使えなくなってしまうので、自然と溜め込まなくなると思います。というか、溜め込めないですよね。

物が少ない暮らしは、ズボラな人にこそオススメしたいです。

スポンサーリンク