家に眠っていた本とCDとゲームが44,390円

スポンサーリンク

 

先日買取を依頼したものの査定結果がでました。

 

関連記事はこちら

今年が終わるよ。不用品は早く手放そう
今年も残り1ヶ月となりました。 毎年「早い早い」言い続けているけど、歳を取ると更に早くなる。 年末に向けて、家の中をス...

 

 

買取結果

『駿河屋』 39,814円

漫画買取ネット 4,576円

 

合計 44,390円

 


 

家で眠らせていても、読むでも聴くでも遊ぶでもないものだったので、

手放してスッキリしました。

 

『駿河屋』へは主にCDとゲームを売りました。

95件で40,226円。

銀行振込手数料が412円引かれるので、

振込金額は39,814円になります。



内訳は、

ゲーム10本、CD28枚、DVD4本、その他グッズや限定本、

その他細かいグッズ等。要するにオタク向けのものです。

 

利用するのは3回目ですが、いつも買取価格には満足してます。

スピード感はあまりないけど、買取価格は他と比べて高いと思います。

 

 

漫画買取ネットの方には、本のみ売りました。

みかん箱より1.5倍くらいのサイズの箱を満タンにしたくらいの量。

(冊数を数えてなかったのであまり参考にならなくてすみません・・)

 

単行本、コミックエッセイ本、その他料理本や健康関連の本。

割合として、漫画は少なめ。

量に対しての買取価格は安いと感じました。

もしかしたらブックオフの方が高いのでは?と思うくらい。

 

前回も書きましたが、漫画買取ネットの良いところは、

価格に満足できない場合は、送料無料で返送してもらえることです。

あ、あと振込手数料もかかりません。

 

査定結果のメールを見た時、

「安いな~!だったら試しに返送してもらおうかな」

なんてことが一瞬頭をよぎりましたが、

この後また別のところに買取申込して、手配して、やりとりをして・・

と考えると、考えただけで面倒になりました(笑)。

 

すぐにやればいいけど、私の場合ズルズルとやらずに放置して、

不要な本と共に新年を迎えかねないですからね。

 

 

 

どんな方法で処分するにしても、

自分に合っていて、苦にならない方法で行うことが大事かと。

だから、1冊ずつヤフオクやamazonに出すのが苦にならない人は

大いに利用したらいいと思います。

(自力で売るのが一番高く売れます)

 

でも、

いつかやるやる言って、いつまでもやらないでいるくらいなら、

古紙回収に出してしまった方がスッキリします。

 

とはいえ、古紙回収もゴミ置き場まで重たい本を抱えていかないといけないですから、

それを考えると箱に詰めて送るだけの宅配買取はとても便利。

 

それにしても、

ダンボール2箱分のものが減ったというのに、

部屋が全くスッキリしないのは、見えない場所にしまいこんでいたせいですね。

 

年末に向けて、見える場所もスッキリさせていこう。

 

 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

更新の励みになります。よかったらクリックお願いします。

 

スポンサーリンク