食べ物と肌荒れの話。

スポンサーリンク

今週はとにかく調子があがらず、ブログの更新もサボってしまいました。すみません。
体がだるくて毎日ものすっごい早い時間に布団に入ってました。一番早い時で20時台とか。早すぎる。小学生か(笑)。でも眠いわけではないので、実際に眠れるのは0時くらいでした。

 

ここ数年で一番、肌が荒れた

体調が悪いだけでなく、肌荒れもひどかったです。おでこの吹き出物は、ここ数年で一番出たのではないかという数だったし、滅多にできない頬にも出ました。一時よりは落ち着きましたが、意味がわかりません。いや、わからなくはないです。(どっちだ)

食事がいい加減になりがちだったので、その影響は大いにあるかと思います。
自炊もゼロではなかったけどかなり回数が減っていて、その分コンビニや外食が増えてしまいました。

結果、

体がだるい

だるいからごはん作るの面倒くさい

いいや適当で

適当なもの食べてるから疲れも取れないしずっとだるい

ごはん作るの更に面倒くさい

体はだるいまま、何もかもが更に面倒くさくなる悪循環。

 

時期的にはちょうど生理前で肌荒れしやすかったというのもあったかもしれません。
頬の吹き出物は2個でおさまり、おでこもピークを脱した感があります。ホッ。。

食生活って本当に大事、って改めて思いました。

 

この本読み返そう。

 

と言いながらおやつにチーズケーキ(頂き物)。濃厚でめっちゃおいしかった。
甘い物より塩っ辛いものが好きなので、甘い物はあまり買いません。なので、家にスイーツがあるというだけでなんだかテンションがあがってしまい、ついつい写真をたくさん撮ってしまいました(笑)。

 

生理痛と食事

先月は家で自炊がメインだったせいか、生理痛らしい生理痛はほとんどありませんでした。

今月はお弁当作りと自炊もしていたけど、ここ最近はパパッとコンビニごはんで済ませることが増えていました。私はどうもストレスを感じると「食べる」という行為に走る傾向があります。食べるものがきゅうりやニンジンなら問題ないのでしょうけれども、気持ちが安定していない時に野菜を切ったり料理をする気にはなれず、簡単に食べられる外食やコンビニごはんで済ませがちです。

いい加減な食生活のおかげか、今回は薬を飲まないと仕事ができないくらい生理痛がひどかったです。朝も昼も翌日も痛み止めのお世話になることに。

生理痛は食生活を改善すると効果てきめんと言われていますよね。特に砂糖が多く使われている甘い物を断つのは効果的だとか。私は甘い物自体はそんなに食べないのですが、外食や惣菜パン(甘くないもの)はよく食べてました。甘くなくても自炊するよりは多くの砂糖や添加物が使われていると思うので、それらを断つ、もしくは減らすだけでも効果は期待できそうです。

私の食生活は常に極端で、野菜中心で超絶ヘルシーな時もあれば、育ち盛り男子か!というくらいガッツリ男飯な時もあって安定しません。結局、どっちも好きなんですよね。でも体が元気でなくなってしまったら元も子もないです。

久しぶりに肌も体調もひどかったので、来月はもう少しまともな食生活を送りたいと反省した2月の終わりでした。

スポンサーリンク